« 『自殺したい人々』別冊宝島編集部 | トップページ | 『チバユウスケ詩集 ビート』 »

映画『ブタがいた教室』

■内容■
大阪のある小学校で実際にあった授業を元にした物語。新米教師が、担任を務める6年2組で「ブタを飼い、大きくなったらみんなで食べよう」と提案する。「食べる」ことを前提に飼い始めたブタだったが、一緒に過ごしていくうちにペットの感覚になってしまった子どもたち。そのブタをどうするかをみんなで話し合うが、結論がでないまま卒業式が近づいて……。

監督:前田哲
出演:妻夫木聡、大杉漣、田畑智子、ピエール瀧 ほか

映画「ブタがいた教室」公式サイト

■感想■
この「食べる派」と「食べない派」の議論はどちらが正解なんだろうか。

観る前まで、自分は考えがしっかり固まっていると思ってた。
でも話が進んでいき、子どもたちの話を聞いていると双方の意見を聞きながら一緒になって悩んでいる自分がいた。

どっちの結論が出てもモヤモヤするようなかんじ。
どちらを選んでも、あとになって「あのときの結論はあっていたのか」とふとしたときに思い出してしまいそうだ。

でも、そういう経験をしたことがなかった私は、そんな授業が受けてみたかったなとも思う。

妻夫木さん、いい作品にたくさんでてるなー。
この映画の演技もすばらしくよかった!

|

« 『自殺したい人々』別冊宝島編集部 | トップページ | 『チバユウスケ詩集 ビート』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474161/24542951

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブタがいた教室』:

« 『自殺したい人々』別冊宝島編集部 | トップページ | 『チバユウスケ詩集 ビート』 »