« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

『Photo GRAPHICA』2008年7月号/佐内正史

Photo GRAPHICA (フォト・グラフィカ) 2008年 07月号 [雑誌]■内容■
季刊で出版している写真の総合情報誌。第1特集は写真家の佐内正史さん。自身で作ったレーベル「対照」、そして続けて発行された3つの作品集についてと今後を語る。


■感想■
最近「対照」から出された写真集のダイジェストと、今後発売予定の写真集から選ばれて掲載された作品は、とにかくキレイ。そして色が楽しい。
佐内さんの作品は、とても淡いイメージだったけど、パキっとした色も好きらしい。
持っている車も、真っ赤と真っ黄色の2つ。

車の写真も迫力があって良かったなぁ。
紅葉もすごい。

写真はもちろんだけれど、インタビューもすごく良かった。
ひとことひとことがすっごくかっこ良くて、説得力がある。

なんてかっこ良い人なんだろうと思った。

あ、あと何よりも楽しみなのが、来年発売予定の新作写真集『CR EVANGERION LANDSCAPE』。
エヴァンゲリオンのパチンコ台を撮った作品集になるらしい。

どんなだよ(笑)。
パチンコ台を撮るって…、意味がわからない。けどすっごいおもしろい。
ちらっとでてた写真も不思議でおもしろかったし。
これはかなり期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NHK問題』武田徹

『NHK問題』武田徹 (ちくま新書)■内容■
公共放送として存在している「NHK」について、その歴史を辿りながらメディア史をとらえなおす。


■感想■
よく内容を見ないでタイトル買いをしちゃったから、思っていたのと違ってなかなか進まず…。
あの安倍さんとかが関わった「NHK番組改変問題」のこととか書いてあると思ったんだけど、全くもって違っていました。

メディア史としては教科書的な意味で、すごく価値があると思います。
ラジオ体操の発祥や、テレビ放送開始、ハイビジョン放送の研究から地デジの話まで本当にお勉強になった。

教科書的でお勉強っぽいので、若干たいくつではあった。

総務省や電波に関して、テレビ放送開始のときにすんごいキナくさいことが行われていたと聞いたことがある。
そっちもちゃんと知りたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »