« 『週刊SPA!』10/9号 | トップページ | 『お姫様とジェンダー』若桑みどり »

『公務員クビ!論』

公務員クビ!論 (朝日新書 96) (朝日新書 96)■内容■
市役所・県庁職員を経て、中央官庁で働き、現在は大学で准教授を務める著者による公務員解説本。キャリア官僚・地方公務員など、それぞれの職務の解説をしながら、現行制度の悪い点や今後について提言をしている。

■感想■
全体をとおして読みやすく、公務員の仕事や制度などについての説明もとてもわかりやすい。
若干、公務員に甘いような気はしたけれど、著者の言っていることはよくわかる。
公務員もいろいろ大変なんだということがわかり、これまで、公務員を民間と比較してムカついていたけれど、全く異なるものだからそれを公務員自体にぶつけるのは間違っていたんだと思った。

ただ、“年功序列で給料があがっていく、実際お茶汲みの女性が勤続年数が多いというだけで年収一千万くらいの人もいる”という部分はかなり驚いた。そりゃ文句言いたくもなるよね。
もちろんそのもらっている人が悪いわけではないけれど。

ちょうど最近、大阪府の給料減額の問題や、公務員制度改革のことなど、いろいろ騒がれている。そういうニュースを見る目もなんとなく、変わった気がする。

|

« 『週刊SPA!』10/9号 | トップページ | 『お姫様とジェンダー』若桑みどり »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474161/22129272

この記事へのトラックバック一覧です: 『公務員クビ!論』:

« 『週刊SPA!』10/9号 | トップページ | 『お姫様とジェンダー』若桑みどり »